観光の波及効果の最大化

ホテルで使う食材を沖縄産に切り替えていただけるように品質の向上、価格供給の安定を図ることが求められます。
現在農産物はもう少しで軌道に乗るところまで来ています。問題は水産業です。活用できているのはマグロとモズクで
近海魚や養殖物は未だに活用は遅れています。

またホテルのバスロームに置いてあるサービス品、アメニティーを沖縄産に変えていただく努力を行政の支援もいただき
ながら製造業者がアタックすることも必要です、またお持ち帰りもアンケート用紙に記入していただき、ドモホルンリンクルのよう無料サンプル配布からネット直販へつなげ行くマーケティングを行うべきだと思います。

ロビーにて日焼け対策のデモンストレーションを開催する等のホテルとのコラボを積極的にかつ定期的に行う事が重要だと思います。
民芸品についてもレストランや客室で大いに使っていただき、売店での売り上げにつなげてゆく事も必要です。
観光は人間生活のすべてが移動するわけですから、その波及効果は人口増加と同じこととなるのです。