沖縄のイベントに物申す

那覇ハーリーへ出かけてみました。かれこれ20年ぶりだったと思います、大変な人出でした。気が付いたことは見物人への配慮に欠けていることです。遅く着いたせいかまったく前にゆけません、見物人にも配慮したイベントにグレードアップして欲しいと思いました。

大綱ひきも綱に触ることもできず声だけ聴いて帰ってきました。ハーリーも大綱引きも観光イベントとして大いに資源化出来る魅力を備えています。旗頭行列から空手演武まで物語性もあり時間的にもゆったり見ていたい観光客いれば果敢に綱を引きたい方いるでしょう。

徳島の阿波踊り大会、リオのカーニバル等々沖縄のイベントを超える集客の大会もしかり観覧席が設えてあります、多少料金を払い、予約する人は多いはずです。イベント開催には費用が掛かります、イベント自体でいくらかの収益を図ることも必要だと思います。

衆知を集め、直接参加する人も関係者も見物人も楽しめるイベントして大いに観光誘致に寄与できるイベントにして欲しいともいます。商売上手になることも考えて下さい。