バカンスに生きがいを感じる人々

ホテルの研修でスイスに学んでいた時、レストランでバイトしていました。
パトロン(オーナー)始め全員が順番に2週間程度の休みを取ります。
食材を納入する業者も休みには別の業者を代わりに連れてきました。

自分もバイトなのに有給を一週間くれ、スペイン旅行をしてきました。
ことほど左様に個人個人が自分の収入に応じてバカンスを楽しみます。
山小屋を友達同士で買ってシェアーして使ったりと合理的です。

そうした山小屋は郵便局がカギの管理をしています。
また郵政省が路線バスの運営を郵便の集配をしながら行っていました。
バス停は郵便局というこれまた合理的な利用です。

郵便馬車時代からの歴史が合理性のもとの様です。
バカンスは生活の一部となりその為に日ごろは懸命に働くのです。
スイスの人々は太陽を求めて世界中へ、沖縄にも来るようになるでしょう。

okinawaのスポーツ・ツーリズム

新たな観光動機を誘発コンテンツとしてスポーツを考えてみましょう。
① スポーツ観戦イベントを開催する
② スポーツ施設の充実を図りプレイしていただく
③ 野球の冬季合宿訓練のようなトレーニングに来ていただく
④ 温暖な気候を活用しいりょうも含めたリハビリを目的とする
以上の4点に分類させるのではないでしょうか。
沖縄の地理的位置から考えると人口密集地の首都圏からでは
交通費、宿泊費とスポーツ観戦に多額の費用が掛かり不利です。
プレイする為ならば個人参加イベント企画次第で脈ありです。
冬のゴルフツアー、マラソン、トライアスロンはすでに定着しています又
野球の合宿訓練もプロ全球団が沖縄キャンプを張っています。
ただし有料オープン戦への観客動員に苦戦し早々と沖縄を引き上げ、
派手なニュースとなりますが経済的効果は限定的という欠点も感じられますが、
しかし知恵を絞ればまだまだこの方向は開拓の余地があると思います。
沖縄には各地にあまり使用されていないスポーツ施設が多くあり、
管理する行政支出も大変だと思います。大いに活用したいものです。

訪日観光客数最高値達成

円安効果が大いにその躍進の追い風となったようです。
特に発地として顕著な伸びを示したのは
東南アジア、台湾、欧米、不思議なことに
あの反日政府の韓国が40%の伸びだそうです。

東南アジアの経済発展はどうやら本物らしい
ただ沖縄観光にとってみると、果たして・・・
現状はやはり、流れは本土旅行中心で沖縄はオプション
何んとか沖縄を売り出さねばならないと考えています。

沖縄観光はその持つ特性から本土と同じ方向の
マーケティングで良いのだろうか・・・
東南アジアのリゾートの客層の分析がヒント
そうです。
ロングバケーション習慣のある国への販促でしょう。

沖縄ベースキャンプの日本旅行案内サイト 「遊路 ユーロ」 コンテンツ

当初沖縄のみの観光案内サイトを考えておりました。
しかし欧州からのお客様のニーズは日本で在って
沖縄のみでは現状では厳しいと判断いたしました。

しかし海浜リゾートの魅力もさることながら通年をとうし温暖な気候は
長期旅行のベースキャンプ地として沖縄は最高の条件も有しております。
先ずは長距離の移動、時差ボケを解消し、心身ともにリフレッシュ

その後に本州各地の観光コースを巡り、日本を堪能して
そしてバカンスの最後の仕上げは沖縄でくゆっくりつろいでいただく
そうした2週間を基本としたバカンスをご提案したいと思いました。

8月中旬よりサイト内のご紹介する観光関連施設の皆様のご賛同を
頂きに又核施設の下見もさせていただきサイトを仕上げてゆきます。
発信は10月をヨてしております。